/*-----------------------------------------------------------------------*/ /* 営業日カレンダーSSL対策   */ /*-----------------------------------------------------------------------*/ 焼鳥達人への道 | やきとりすずき

より美しく焼き鳥をお召し上がり頂く為に

焼き鳥の食べ方にルールはありませんが、より楽しく、そして美味しくお召し上がり頂ければと思い、「焼き鳥の楽しみ方のご提案」を致します。 今まで当店で試したことのない食べ方や知らなかったことなどを知って頂き、よりおいしく焼き鳥を召し上がって頂ければ幸いです。

さっぱり醤油で食す

当店でご提供している焼き鳥はタレ・塩のどちらでも美味しくお召し上がり頂けます。
タレは甘口ダレ、塩は丸味のあるまろやかな塩を使用しております。
当店の常連様の中でも甘口タレ、まろやかな塩ともにご好評頂いておりますが、お好みで 砂糖の入っていないさっぱりとした辛口醤油で食べるのもまた格別です。
この辛口醤油の味がクセになってリピートして下さる常連様もいらっしゃいます。
メニューには記載しておりませんが、ご希望のお客様はスタッフへ「醤油でちょうだい!」
とご注文下さい。

部位毎の食感の違いを感じて食す

  • きも
  • くだ
  • ひね
  • せせり

焼き鳥は部位毎に食感や味わいが異なり、それぞれを食べつくすのが醍醐味ではないでしょうか。
ジューシーさが特徴の手羽先やせせりや、さっぱりとしていてもっちり感のあるヘルシーなささみなど、個性豊か。
焼き鳥は「身」のみならず「皮」や「軟骨」まで食べられますので、
それぞれの持つ旨みや食感をお客様の舌で実感し、楽しんで頂きたいと思います。

>部位毎の食感の違いについて詳しく

職人の技術を感じながら食す

焼き鳥を焼く。言葉にすることは簡単ですが、一本一本焼き上げるにも技術や長年の経験を要し、 職人が各部位毎に焼き方を見極めています。 そんな職人技は一種のパフォーマンス。カウンターでその匠な技を眺め、焼き鳥を味わうのも見て感じる「美味しさ」と言えましょう。
仕込みから焼きに至る全ての工程に職人技が光る至高の焼き物、それが「焼き鳥」です。

>やきとりすずきのこだわり
ブログ新着情報
  • 美味しい焼き鳥の食べ方
  • 嗜好別におすすめメニューをご紹介
  • 宴会コースはコチラ
  • 本店
  • 2号店
  • モバイルサイトはこちら(スマホ対応)
  • facebook
  • facebook